フォト

ブログパーツ用

最近のトラックバック

« 災害時の助けられ方 ということ | トップページ | 被災地との寄り添い方 »

2014年5月 5日 (月)

2014年5月5日、東京千代田区で震度5弱を観測

びっくりしましたね。

スマホの緊急地震速報
(※Yahooの防災速報)で目がさめました。


気象庁のHP(5時31分 気象庁発表)によると

2014年5月5日 5時18分ごろ 発生
震源地:伊豆大島近海(北緯35.0度、東経139.4度)
震源の深さ:約160km
地震の規模(マグニチュード):6.2
最大震度:千代田区 震度5弱

です。

                         (気象庁HPより)

 

 

 


 

テレビを見ていますが さいわい 大きな被害はないようです。

 

 

スマホの緊急地震速報で目がさめて、あらためて 

 

緊急地震速報の大切さを実感できました。

 

 

 


 

緊急地震速報がを見てから 揺れ始めるまで

 

10秒もなかったと思います。

 

 

 

しかし 事前に 地震の大きさや 揺れ始める時間(あと○秒) 震度予測を

 

知ることができたので、 気構えみたいのが できたような気がします。

 

 

 

さて、この地震を使って 首都直下地震のイメージトレーニングを・・・・

 

 

 

今回の地震の大きさは、先ほど 書きましたが、

 

 

 

東京都が想定している首都直下地震は、
(首都直下地震等による東京の被害想定(平成24年4月18日公表))

 

 

 

震源地:東京湾北部

 

震源の深さ:約20~35km

 

地震の規模(マグニチュード):7.3

 

最大震度: 震度7

 

 

 

です。

 

 

 


 

今回の地震の規模がM6.2です

 

しかし 震源の深さが 約160kmということで この程度の揺れ
だったと考えられます。

 

 

 

首都直下地震は
今回の地震より 規模が大きく、震源が浅く、震源地も首都圏に近い位置です。

 

 

 

ということで、首都圏の揺れは、今回の地震より 大きくなることは 簡単に想定できます。

 

 

 

今回の地震で、タンスや本棚を押さえていた人は いませんか?

 

 

 

非常持ち出し袋の準備より 部屋の家具止めが先ですよ! 

« 災害時の助けられ方 ということ | トップページ | 被災地との寄り添い方 »

地震」カテゴリの記事

防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508707/59584809

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年5月5日、東京千代田区で震度5弱を観測:

« 災害時の助けられ方 ということ | トップページ | 被災地との寄り添い方 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ